名古屋城, 愛知

teamLab, 2017, Interactive Installation, Endless

名古屋城に浮遊する光の球体は、自律し、強く輝いたり消えたりし、まるでゆっくりと呼吸しているかのようにふるまう。

光の球体は、人が叩いたり何かにぶつかったりして衝撃を受けると、光の色を変化させ、色特有の音色を響かせる。そして、その近隣の球体は呼応し、同じ光の色に変化し音色を響かせる。そして次々にそのまわりの球体も連続的に呼応していく。

制作:チームラボ株式会社

サウンドシステム/サウンドデザイン:鈴木健太郎,武石 樹